マヌカハニーの副作用と安全性

マヌカハニーは他のはちみつと同じく天然の食品ですので様々な成分を含んでいますし、菌類など微生物が含まれたりもしています。

 

病原菌・食中毒菌などは検査によって検出された後に流通ルートに乗っているはずですが、多くの人にとっては無害だが人によっては問題となる、といった成分や微生物が問題になることもあります。

 

これはマヌカハニーに限ったことではなく、殺菌処理などを最小限に留めてある高品質なはちみつや自然食品全般に起こりうる問題です。

 

マヌカハニーを食べたり塗ったりして起こりうる問題としては、アレルギー反応やそれに似た症状が発症するというものです。

 

体質的にほぼ確実に発生するということもありますので、まずは少量から試してみることを強くお勧めします。ただしそれで問題がなければ100%大丈夫かと言えばそうとも言えず、例えば体調の悪い日や睡眠不足の日に、それまで毎日食べていたマヌカハニーが原因で発疹ができたなどということは度々耳にすることです。

 

ただし発生頻度としては稀なことで、あまり気にする必要はないですがそのような問題が発生する可能性についてはあらかじめ知っておくべきです。

 

とはいえ、繰り返しますが、基本的に天然そのままの食品にはよくある類いの問題であり、マヌカハニーの安全性は決して低いものではありません。常識的な摂取量による副作用の報告もほぼなく、安心して摂取し続けられる健康食品と結論づけられます。