抗がん作用を持つマヌカハニー

マヌカハニーが持つ健康効果の中でも特に目を引くものに抗がん作用があります。抗がん作用を有するのはマヌカハニーの高い抗菌作用の元となっている成分と同じくメチルグリオキサールの働きによるものです。

 

メチルグリオキサールは自然発生した最初期のがん細胞を即座に排除しがんを未然に防いだり、組織を形成してしまったがんへの阻害作用を活性化する働きがあり、がんの予防にも治療にも用いる事ができる画期的な効果を有します。

 

このようにマヌカハニーにはメチルグリオキサール由来の直接的な抗がん作用がありますが、それ以外にも間接的な作用がたくさんあるためにマヌカハニーは抗がん作用が強いと注目されています。先にも述べましたがメチルグリオキサールは抗菌作用が高いことで知られ、このことからマヌカハニーは抗菌作用が強く病原菌による病気の治療効果が高いと言われています。

 

そして病原菌はどれも少なからず人間の体の細胞を傷つけたり炎症を発生させたりし、これはいずれもがんのリスクを上昇させます。特にピロリ菌は長期にわたって継続的に胃粘膜を破壊し続けるので、その過程で胃がんの発生率が大きく高まってしまうことが分かっています。しかしマヌカハニーを飲んでいれば病原菌類は自然に殺菌されていくため、日常的にがんリスクを排除できるのです。

 

つまりマヌカハニーはがんそのものに直接効き、さらにはがん発生のリスク因子をも排除する働きがあるため、がん対策には非常に有効だというわけです。