マヌカハニーの1日の目安摂取量、上限など

マヌカハニーは高い抗菌作用を有しますが、当然ながらあまりに薄まると効果が低くなる・あるいは得られなくなりますので、マヌカハニーによる健康効果を得たいならばある程度の摂取量が必要となります。

 

とは言っても全く多い量ではなく、よく推奨される食べ方としては一日三回・食前に5gずつ摂取するというものです。

 

マヌカハニーは食前に吸収率や効果が高まるということが知られていますので、食前・空腹時に少量摂取するのみで十分な効果が期待できます。

 

これは効果を最大化した場合の話ですが、人によっては料理に用いたいとか食事中のドリンクに用いたいなどという人もいるでしょう。必ずしも食前にこだわる必要はありませんが、その場合はやや推奨量よりも多めに摂取した方がいいでしょう。いずれにしても全く多い量ではありません。

 

逆にマヌカハニーの上限については、特に定められている基準はありませんが、当然ながらはちみつですので糖質が多く過剰摂取は体に良くありません。一日100g単位の過剰摂取など、明らかに尋常ではない量の摂取は控えましょう。

 

強力な抗菌作用があだとなり腸内細菌のバランスが崩れてしまったり腸への刺激となってしまい、下痢を引き起こすこともあり得ます。また常識的な量では問題が顕在化しない人でも大量に摂取するとアレルギー反応が出るということもあります。

 

マヌカハニーは目安摂取量も容易に達成できる程度で、上限も常識的な使い方をすればほとんど気にする必要はありません。毎日の食事に上手に取り入れましょう。