マヌカハニーは虫歯になりやすい?

マヌカハニーははちみつの一種であり、言うまでもなく糖質を多く含むため、毎日定期的に摂取していると虫歯になりやすいのではないかと考える人もいます。しかし実際には真逆であり、マヌカハニーはその甘さと裏腹に虫歯の予防効果も高いのです。もっとも、虫歯は虫歯菌が引き起こしている現象であり、マヌカハニーの代表的な効果が抗菌作用ですから、当然と言えば当然です。

 

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは虫歯予防にも効果的です。メチルグリオキサールの強力な抗菌・殺菌作用は虫歯菌に大ダメージを与え、さらに虫歯菌が入ってきにくい環境を作り上げます。虫歯は虫歯菌が代謝の際に発生させる酸で歯が溶けることによって発生するため、その大元である虫歯菌がいなければ問題はありません。

 

マヌカハニーの虫歯予防効果はそれだけではなく、歯の主成分であるカルシウムの安定性を高め、虫歯菌によって既に歯がダメージを受けていたり脱灰し始めている状態をケアし元の健康な状態へと戻してくれるのです。

 

さらに強い抗菌作用を持つということは、虫歯だけでなく歯周病の予防・解消にも役立つということです。最近ではむしろ歯周病の方が問題視される傾向にあるため、こちらの予防効果の方が歓迎されるかもしれませんね。歯肉炎になると口臭も強くなり、将来的には歯が抜ける原因にもなり得ます。しかしマヌカハニーを長期間に渡って摂取し続けていれば、そのリスクを大幅に軽減することができるのです。