ピロリ菌除去にマヌカハニー

今マヌカハニーが注目されている理由がこのピロリ菌殺菌作用です。ピロリ菌による健康リスク自体が近年になって特に広く注目されるようになりましたが、慢性的な胃潰瘍のみならず胃がんの発生率をかなり高めているという事実が広く知られることとなり、ピロリ菌除去の必要性が論じられるようになりました。そして、それを実現するための最も安全な方法の一つがマヌカハニーなのです。

 

マヌカハニーにはメチルグリオキサールという特有の抗菌成分が含まれています。メチルグリオキサールは一般的に抗菌剤として用いられるフェノールと比べても同様の働きとより高い効果が確認されており、その上天然成分のために副作用が少ない・もしくは無いため、緊急を要さないが確実な健康リスクとして目されている問題に対しての優れた解決法として期待され、実際に用いられています。そしてその代表例がピロリ菌除去というわけです。

 

ピロリ菌は従来、その環境の過酷さから病原菌が住み着くことはできないと考えられてきた胃に定着できる病原菌です。胃の粘膜を少しずつ破壊しながら生きているため、放っておくと慢性的な胃潰瘍が発生したり、胃がんの発症率も有意に向上してしまいます。

 

しかし多くの場合、ピロリ菌に感染していてもすぐに大きな症状が出ないため治療に二の足を踏む人が多いのです。

 

薬物によるピロリ菌除去は少なからず副作用をもたらしますので。しかしマヌカハニーを飲み続けることによるピロリ菌除去ならば副作用はなく、ピロリ菌の除去はもちろん、ピロリ菌が新たに定着しづらい環境まで作ることができます。